読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac OSX yosemite photoshop CS6 ショートカット 切り替え 出来ない問題 〜解決しました〜

Photoshop トラブルシューティング

(この記事は2014年11月03日に作成したものです。)

 

Yosemiteにアップグレードしてから、久々にphotoshopを使ってみるとphotoshopでブラシツールを使った後、スポイトツールや他のショートカット(進む・戻る 含む)を操作することが出来ないという問題にぶち当たりました。

英語のスレッドとかを読んでみたり、photoshopの再インストール、photoshopの環境設定ファイルの破棄など色々とやってみたんですが、どれもダメ。

問題解決したのは英語のスレッド(→http://blogs.adobe.com/crawlspace/2014/10/photoshop-and-mac-osx-10-10-yosemite.html)に書いてあった「WhiteWindowWorkaround.plugin」というphotoshopプラグインをインストールしたことでした。

 URL:http://helpx.adobe.com/photoshop/kb/photoshop-menus-turn-white-mac.html

 

このプラグインwacomタブレットと同時に使う時、上手くメニューバーやショートカットでの切り替えが出来ない時に使うようです。

これを上のURLからダウンロードして、photoshopインストールフォルダのプラグインフォルダに入れました。そしてphotoshopを再起動。

英語のスレッドを見る感じでは、「このプラグインはインストールしていますか?」とだけ同じ内容が何度も書かれていて、このプラグインが実際に必要なのか、はたまたこのプラグインがインストールされているから動きが悪い(Yosemiteでは必要ない)のか、上手く解釈出来ませんでしたが、このプラグインを入れた後から以前の快適なショートカット操作になったのは事実ですね。

今は「これが解決策かな・・」という確信がありつつ検証段階ですが、情報のせておきますね!

 

*2015年1月30日 追記 あれから集中的にYosemiteとCS6 photoshop の組み合わせて使っていますが、このプラグインをインストールするとYosemite以前の快適なショートカット操作で使えています☆*